Orthokine / Regenokine Japanese Referral Center

オルソカイン(Orthokine)療法はDr. Prof. Peter Wehling博士 (ドイツ)により開発され、1997年以来、合併症もなく世界中で何十万人もの患者に使用されています。

オルソカイン療法は、薬剤やその他の生体異物を使うことなく、関節や背中の痛みばかりではなく、腱や筋肉の損傷を治療するための特別な方法で、ドイツでは2003年に使用が承認されました。

患者自身の防御タンパク質 (サイトカインや成長因子)を用いて、軟骨や神経の破壊を遅延あるいは停止することができます。

この治療法によって変形性関節症の膝の目覚ましい回復を見せたアスリートの名前(Kobe Bryant)にちなみ「コービー方式」とも呼ばれています。

オルソカイン日本情報センターは、オルソカイン療法アジアセンター「新光骨科運動醫學中心*(Taipei, Taiwan)」と提携して運営しています。

*SHIN KONG ORTHOPEDIC SPORTS MEDICING INSTITUTE (David W. Hang, M.D.;Assistant Clinical Professor of Orthopedic Surgery, UCLA)

オルソカイン療法とは?

オルソカイン療法は、患者自身の血液のみから採取される「IL-1RA※1や成長因子」を含む「自己調整血清;ACS※2」を用います。
オルソカイン療法は痛みと炎症を抑えることにより作用します。

  1. 変形性関節症の関節における軟骨破壊の停止
  2. 関節痛を軽減
  3. 圧迫神経組織における神経破壊の停止
  4. 腱や筋肉の組織再生を促進
  5. 関節可動性を改善
  • ※1IL-1RA;Interleukin-1 Receptor Antagonist
  • ※2ACS;Autologous Conditioned Serum

効果的なこの治療を受けたトッププロアスリート

  • コービー・ブライアント(Kobe Bryant)
  • アレックス・ロドリゲス(Alex Rodrique)
  • フレッド・カプルス(Fred Couples)
  • 他多数

故コービー・ブライアント故コービー・ブライアント

アレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

効果的なこの治療を受けた著名人

  • ローマ教皇 故ヨハネ・パウロ二世(PopeJohnPaulⅡ)
  • オリバー・ストーン(OliverStone)
  • ハビエル・バルデム(JavierBardem)
  • 他多数

このプロセスは、多くの国で数百人の整形外科医によって変形性膝関節症やスポーツ整形の治療に使用されており、これまで数十万人の患者を治療してきました。
この治療の受診者のなかには、コービー・ブライアントやアレックス・ロドリゲスなど多くの有名なアスリートや文化人、宗教家が含まれ再起し活躍しています。

メニューを閉じる