Orthokine / Regenokine Japanese Referral Center

変形性関節症を発症した膝の自己調整血清による治療:比較、前向き試験

Title; Treatment of Osteoarthritis Knee with Autologous Conditioned Serum:  Comparative, Prospective Study

David W. Hang, M.D.  Assistant Clinical Professor of Orthopedic Surgery, UCLA

タイトル;変形性関節症を発症した膝の自己調整血清による治療:比較、前向き試験

 Introduction: 緒言 本研究の主要な目的は、変形性関節症に続発する膝痛の患者において、(1)自己調整血清(ACS)と(2)コルチコステロイドとの2種類の標準化された注射療法の効能を比較することである。

Hypothesis; 仮説 テストされる仮説は、自己調整血清(ACS)の関節内注射がコルチコイドステロイドよりも効果的である。

Conclusion: 結論 変形性膝関節症における痛みは、自己調整血清(Orthokin)を使用した治療により有意に軽減される。2種類の治療レジメンにおけるリスクプロファイルは最小である。

メニューを閉じる